森かぐわの日々日記その23 (H29.11月号)

日々日記9月号で適当に野菜を煮て食べてます、なんて書きましたが、何でもかんでも適当に煮るというのはもったいなかった事を知りました。
最近の野菜の栄養は半分以下と言われています。なので、なるべくその食材の栄養をもれなく摂れるような調理をしたいなっと思ってこの本、買いました!






『その調理、9割の栄養捨ててます!』
[監修]東京慈恵会医科大学付属病院 栄養部



オススメ本


まさに目から鱗でした。
今までのあたり前では栄養が摂れてなかった事を知りました。そして基本皮をむくのが面倒なので、「皮付近に栄養があるので皮は向かないで!」って言われるとやっほ~い!って思ってしまう方でして、手抜きを正当化してくれるとありがたいわ。

出来そうもない事も書いてありましたが、しばらく保存版です。


むくみは肥満への第一歩!

≪むくみの原因 その3≫

●運動不足の問題
リンパ管自体には運動機能がなく、筋肉の伸び縮みによって
リンパ管が刺激を受け、筋肉の圧により、管が狭まったり広がったりして、
リンパ液がスムーズに流れるしくみになっています。

体を動かすと筋肉が伸び縮み

血管運動がうながされ、血液の巡りがよくなる

血管運動にも刺激され、リンパ液が流れやすくなり

むくまない

ふくらはぎ

特に下半身は重力の影響で 血液やリンパ液が下がっていき むくみやすい。
足のむくみが気になるようなら ウォーキングなどでふくらはぎの筋肉を動かし適度な筋肉をつけ、リンパ管を日常的に刺激しましょう。
足の締まりにつながりますよ。


お味噌汁のすヽめ

≪風邪の初期・咳、むくみ予防・美肌の食材≫

●たまねぎ
●チーズ

① たまねぎをみじん切りにする。
② 鍋で たまねぎを炒める。
③ ②の鍋に出汁を入れ、お味噌を溶かす。
④ 火を止め、チーズを入れフタをして溶かす。

栄養をもれなく摂るには、細かく切り(硫化アリル→アリシンに変化)、
油で軽く炒めること(アリシンの流出を防ぐ)です。
なので、苦味を消すために切ってから水に浸すと栄養が流れてしまいます。

玉ねぎ チーズ



バックナンバー

2018.12 柚子のこと
2018.11 日本の森の化粧品
2018.10 四季のからだのこと
2018.09 感情は皮膚で作られる!
2018.08 体が温まると心も温まる?!
2018.07 いい汗をかける身体を作りをしよう
2018.06 むくまない身体作りをしよう
2018.05 年齢の問題
2018.04 心の問題
2018.03 痛みの問題
2018.02 女性ホルモンの問題
2018.01 むくみと栄養
2017.12 むくみと水分摂取
2017.11 続・むくみは肥満への第一歩!
2017.10 温布♪(おんぷ)のすヽめ
2017.09 むくみは肥満への第一歩!
2017.08 免疫力UPのために ≪朝、スッキリと起きる目覚める方法≫
2017.07 免疫力UPのために《深くぐっすり眠れる入浴法》
2017.06 免疫力UPのために《熟睡する睡眠法》
2017.05 骨盤底筋群を鍛えること
2017.04 お庭のクロモジにお花が咲きました
2017.03 温布(おんぷ)取り扱い始めました!
2017.02 日本の森の手作り化粧水&ジェル講座
2017.01 女性ホルモンに効くヒメコマツ
2016年度


お問い合わせ

2022年07月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

Page Top