森かぐわの日々日記その26 (H30.2月号)

やる気がなくてもとりあえず始めてみる。それでとりあえず始めたけれど、いまいち気乗りしないって時には、、声を出すと良いそうです。

そうそう、座るときにヨイショとか声を出しちゃうやつです。研究では、被験者に「ジャンプ」と言わせて垂直飛びをしたところ、5%高くなった!とのこと。

声を出すことで自然とやる気が引き出され、本来持っている力を発揮しやすくなるのだそう。

ボクシングのシュッ!も同様。そして声の出せない場所では、心で念じたり、音声を聞いたり、更にその単語を見るだけでも効果があるそうです。

猫ジャンプ

むくみは肥満への第一歩

≪むくみの原因 その6≫

●女性ホルモンの問題
月経10日前(排卵後)から黄体ホルモンが上昇

体内に水分を溜めようとする作用が起こる

むくみの影響で腸の働きが弱まり、便秘になりやすくなる

この時期の便秘は一時的なものなので、月経が始まると治まる

指圧マッサージ

★注意★
通常時よりも体重差が2kg以上、腹囲が3cm以上大きくなる場合 婦人科の受診をおススメします。

月経前の一時的なむくみはあまり気にしなくてもいいですが、 日常的に栄養不足や運動不足があると、女性ホルモンの変化に 振り回されてしまいます。


これ試して試してみました♪


最近目が見えなくなってきましたよ。
近視なので遠いのが見えないのですが、メガネをかけていてもはっきり見えなくって。
でも一日中近視メガネをかけていると 疲れちゃって頭痛が・・・・。
以前眼科の先生が、老眼も防げるって聞いたので、これ、買ってみました!

<眼筋トレーニングメガネの秘密>
1 近視は毛様体筋の筋肉疲労が原因で、トレーニングメガネをかけることでリラックスして活力を取り戻し、一日5分血行が良くなる。

2 トレーニングメガネのピンホールが虹彩筋を鍛えられる。

一日5分、休憩中やテレビを観ながらとか、お風呂でかけるといいそうよ。

視力回復メソッド

視力を自分で高める7つの心得

1)近視は治せる病気と心得よ!環境を変え、諦めないことが大切。

2)メガネやコンタクトレンズに頼りすぎない!
将来的には外すことを視野に入れ、調子のいい時は裸眼で過ごす。

3)視力はゆらぐもの。即メガネではなく様子見を。
体調や気分、姿勢や天候、時間帯で視力が揺らぐもの。

4)視力回復のカギは緊張をほぐすこと。
眼を使ったら休ませることが大事。

5)視力は全身から治す。 首や脳、全身の調子を整える。(食事や運動)

6)眼の老化も食い止められる!
血流を改善すれば食い止められる。

7)近視の原因は遺伝より環境。眼にいい環境や習慣を実践。



バックナンバー

2018.12 柚子のこと
2018.11 日本の森の化粧品
2018.10 四季のからだのこと
2018.09 感情は皮膚で作られる!
2018.08 体が温まると心も温まる?!
2018.07 いい汗をかける身体を作りをしよう
2018.06 むくまない身体作りをしよう
2018.05 年齢の問題
2018.04 心の問題
2018.03 痛みの問題
2018.02 女性ホルモンの問題
2018.01 むくみと栄養
2017年度
2016年度


お問い合わせ

2019年10月
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

Page Top