森かぐわの日々日記その31 (H30.7月号)

思うこと

「最近どうも良い事がないなぁ〜」っという悩みを抱えていると、その違和感が積もりに積もっていき、そのうち自分の力まで奪われてしまうそうです。
そうならないためには、自分が絶対に実現できることを目標として設定し、それをちゃんと実現=目標達成することです。

それほど大きな目標でなくても、人は自分で設定した目標をクリアすると、とても満足できます。あまりにも高い目標を立てて、達成できないと更に落ち込んでしまうので、ひとまず苦労せずに達成できる目標を設定しましょう。
そして元気が出てきたところで大きな目標を設定し、
1.身近な人に公言する。
2.紙に書いて貼る。

これは、アメリカの社会学者マートンが提唱した「予言の自己成就」という現象で、「仮に間違った予言でも、人々がそれを信じることでその予言が実現してしまう」という効果です。
これをネガティブ→プラス方向に変えることができるということ。そしてドイツのレヴィンの研究では、「パブリック・コミットメント=人は、他人の前で表明した自分の言動に矛盾しないように行動しようとする」という効果もあります。
大きい目標を達成するにはやはり小さな成功体験が必要ってことですね。

むくまない身体を作ろう♪


むくまない身体を作り

〜いい汗をかける身体を作りましょう〜

体を動かすことが少ないと汗をかく機会も減り、老廃物を排出することも熱を放出することもできません。
汗をうまくかけなくて腎臓が疲れてくると、水分代謝が悪くなり、むくんできます。
理想は一日一回しっかり汗をかくこと。

≪冷温交互浴≫をしてみませんか?
1洗面器を二つ用意します。
2一つはお風呂の湯(40~42°C) 二つ目は常温の水道水+氷(少し)
3湯の方には5分、水の方には1分、両足を交互に入れて足浴する。
4湯の洗面器にはさし湯をして温度を保つ。
4〜5往復おこなう。

普段汗をかかない人は最初べたべたした嫌なにおいの汗をかきますが、次第にサラサラとした無臭の汗をかくようになります。
週一日でも定期的におこなうと、自律神経が整い、暑い時にちゃんといい汗がかける身体になりますよ。

お味噌汁のススメ


爽やかな冷たいお味噌汁
≪デトックスする食材≫
●とうもろこし缶、きゅうり

1きゅうりをピーラーでうす切りにして、塩を一つまみまぶしておく。
2器に冷やした出汁を入れて、味噌を溶き入れる。
3軽く汁気を切ったとうもろこしときゅうりを器に入れる。

お味噌汁のススメ

※ほぼ水分で出来ているきゅうりは、解毒効果が高く、デトックスや夏バテ防止にもピッタリです。


布ナプキン温布♪ファン増加中!!

白いういろう

布のナプキンとして使ってみても、安心でした!
今治タオルがちゃんと吸収してくれますよ。今治タオルを使った温布♪ファン増加中!!
オンラインショップ

バックナンバー

2018.12 柚子のこと
2018.11 日本の森の化粧品
2018.10 四季のからだのこと
2018.09 感情は皮膚で作られる!
2018.08 体が温まると心も温まる?!
2018.07 いい汗をかける身体を作りをしよう
2018.06 むくまない身体作りをしよう
2018.05 年齢の問題
2018.04 心の問題
2018.03 痛みの問題
2018.02 女性ホルモンの問題
2018.01 むくみと栄養
2017年度
2016年度


お問い合わせ

2019年08月
    
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

Page Top