森かぐわの日々日記その18 (H29.6月号)

人のからだは免疫力というものがとても大切。人のからだでは毎日がんが生まれていて、それを毎日免疫力が退治しているのです。

だから免疫力が弱っていると、 がんを退治できず、長い期間そういう状態が続くとがんが育ち、本当にがんになってしまう。

だから免疫力がちゃんとしていないと色々よくないわけですよ。
免疫力がちゃんとするためにはどうしたら??
免疫力を上げるために・・・シリーズでお伝えいたしますね。

精油

免疫力UPのために《熟睡する睡眠法》

熟睡できない主な原因

交感神経が優位で寝付けない。(緊張状態のまま)
〇一日中副交感神経優位な生活 (だらだら生活)

※自律神経とは自分の意志とは関係なく、働いている神経。
昼間には交感神経が優位に働き、夜になると副交感神経が優位になる。
そして昼間しっかり交感神経が働くと夜も同じように副交感神経も働く。
このメリハリが必要で、切り替わるスイッチがうまくいかないと生活に支障をきたす場合がある。

自律神経のバランスを取るためには・・・

◎太陽と一緒に起きる。
夏は4~5時、冬は6時~7時頃に起床。

交感神経が緊張して眠れない人は、活動中はこまめに休息を取り、疲れをためないようにし、夕方はできるだけ仕事をしないようにする。

◎昼間でも副交感神経が優位になりやすい人は、太陽を浴びる時間を作ると交感神経が優位になる。

◎寝る直前に交感神経を刺激する習慣はできるだけやめましょう。
(目を使いすぎる、テレビやインターネットのニュースを観る、ゲーム等)

◎入浴は湯船に浸かり、しっかりと体温を上げ、汗をかく。
(体温が上がると自律神経のバランスが取れ、代謝も活発になり、免疫力が高まる)
※最初に出てくる汗は体内の余分な水分。さらに体を温めると皮脂腺が活性化し、体内の様々な化学物質や活性酸素などの毒素を含んだ汗が出始めます。

ナチュラムーン

精油の入った入浴剤でゆっくりできますよ。お風呂で森林浴♪

森かぐわオリジナルブレンド 〈夏の香り〉


夏の香り


・ アスナロ
・ ヒノキ(葉)
・ 杉(葉)
・ 小夏
・ ハッカ



青々とした夏を想像させ、爽やかな香りで、夏の暑さが体に堪えるなか 肌に引き締めと毒出しを促すブレンドです。 足元からぐっと体の巡りを良くし、大地の香りがするアスナロに、 爽やかな気分にさせ毒素出しを促す針葉樹の葉、そして、清涼感と 肌を引き締めてくれるハッカをちょうど良いバランスで配合しています。



バックナンバー

2018.12 柚子のこと
2018.11 日本の森の化粧品
2018.10 四季のからだのこと
2018.09 感情は皮膚で作られる!
2018.08 体が温まると心も温まる?!
2018.07 いい汗をかける身体を作りをしよう
2018.06 むくまない身体作りをしよう
2018.05 年齢の問題
2018.04 心の問題
2018.03 痛みの問題
2018.02 女性ホルモンの問題
2018.01 むくみと栄養
2017.12 むくみと水分摂取
2017.11 続・むくみは肥満への第一歩!
2017.10 温布♪(おんぷ)のすヽめ
2017.09 むくみは肥満への第一歩!
2017.08 免疫力UPのために ≪朝、スッキリと起きる目覚める方法≫
2017.07 免疫力UPのために《深くぐっすり眠れる入浴法》
2017.06 免疫力UPのために《熟睡する睡眠法》
2017.05 骨盤底筋群を鍛えること
2017.04 お庭のクロモジにお花が咲きました
2017.03 温布(おんぷ)取り扱い始めました!
2017.02 日本の森の手作り化粧水&ジェル講座
2017.01 女性ホルモンに効くヒメコマツ
2016年度


お問い合わせ

2022年07月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

Page Top