森かぐわの日々日記その19 (H29.7月号)

私は以前平熱が35.4°Cでした。
そう、過去形です。
体温が1°C下がると免疫力が37%落ち、代謝が12%落ちます。
逆に体温が平熱より1°C上がると免疫力が5倍に上がります。
だから病気をすると体を治すために体温が上がるんです。


体温計

そしてがん細胞は
35°Cで一番増殖し、39.3°Cで死にます。
その証拠として、高い温度を有する心臓や脾臓には がんは発生しなく、中が管になっていて冷えやすい臓器(食道・胃・肺・大腸・卵巣・子宮等)に発生しやすいのだそうです。



そして がんが増えているのは現代のいろいろな要因によって 体温が低くなっていることも一つだそうです。
それを知ってから、白湯をマメに飲むと体温が上がると聞き、 しばらく白湯を水筒で持ち歩き、飲み続けたら、36°Cになりました!
実は半信半疑でやってみたのですが、本当でした。

そして、先日温布のライナーを使っていたら、体温が上がったというお客さんもいて、温布ライナーを使うのも手軽でいいなっと思いました♪

《温布のご紹介》

《温布の販売》


免疫力UPのために ≪深くぐっすり眠れる入浴法≫

<熟睡できない主な原因>
交感神経が優位で寝付けない。(緊張状態のまま)
〇一日中副交感神経優位な生活 (だらだら生活)
※自律神経とは自分の意志とは関係なく、働いている神経。

昼間には交感神経が優位に働き、夜になると副交感神経が優位になる。
そして昼間しっかり交感神経が働くと夜も同じように副交感神経も働く。
このメリハリが必要で、切り替わるスイッチがうまくいかないと生活に支障をきたす場合がある。

<湯船で疲れない身体へ>
◎ シャワー派より湯船派の方が自律神経のメリハリがつき、体温が上がると、自律神経のバランスをとり、代謝が活発になり、免疫力が上がるということです。

◎ 湯船の水温は体温プラス4度がベスト。そして気持ちいいと感じられる温度。

◎ 体温が低い場合は、湯船に入る前に体を少し温めてから入る。(足湯など) (循環器に負担がかからない為)

◎ 半身浴で40分。(本や雑誌を持ち込むのもいい)

お風呂

※ お風呂から出たら冷める前にお布団へ。体温が下がり始める時が入眠しやすくなります。

森かぐわのこと ≪明日はヒノキのアスナロ≫



アスナロ1

ヒノキの下で
「明日はヒノキになるんだ!」
と頑張っていることで名づけられた
アスナロ(翌檜)。

アスナロのほとんどの成分
セスキテルペン炭化水素が
トリートメントでうっ滞を除去してくれます。

そしてツヨプセンには
防虫効果・防菌効果があり、
色々効果的で便利な使い方ができますよ。


〇 洗濯機にアスナロの精油を1~3滴入れて、嫌な部屋干しのにおいを防ぎます。

〇 無水エタノール・精製水・アスナロ精油で虫除けスプレー

〇 コットンに精油5滴程度つけ、メッシュバックに入れて、衣装ケースや衣裳部屋に置くと衣類の虫よけに。

アスナロ2

アスナロ3

虫除けスプレー講座も開催しております。ご希望の方はご連絡下さいね。

《エッセンシャルオイル・アスナロ》
《入浴剤・アスナロ》
《リフレッシュスプレー・アスナロ》




バックナンバー

2018.12 柚子のこと
2018.11 日本の森の化粧品
2018.10 四季のからだのこと
2018.09 感情は皮膚で作られる!
2018.08 体が温まると心も温まる?!
2018.07 いい汗をかける身体を作りをしよう
2018.06 むくまない身体作りをしよう
2018.05 年齢の問題
2018.04 心の問題
2018.03 痛みの問題
2018.02 女性ホルモンの問題
2018.01 むくみと栄養
2017.12 むくみと水分摂取
2017.11 続・むくみは肥満への第一歩!
2017.10 温布♪(おんぷ)のすヽめ
2017.09 むくみは肥満への第一歩!
2017.08 免疫力UPのために ≪朝、スッキリと起きる目覚める方法≫
2017.07 免疫力UPのために《深くぐっすり眠れる入浴法》
2017.06 免疫力UPのために《熟睡する睡眠法》
2017.05 骨盤底筋群を鍛えること
2017.04 お庭のクロモジにお花が咲きました
2017.03 温布(おんぷ)取り扱い始めました!
2017.02 日本の森の手作り化粧水&ジェル講座
2017.01 女性ホルモンに効くヒメコマツ
2016年度


お問い合わせ

2022年07月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

Page Top